びっくりするぐらい金利が高い!

ネットバンクの金利

ネットバンクの金利はネットバンクの最大の売りの一つ。

当たり前ですけど、大手の銀行に限らず店舗型の銀行には
従業員の方がたくさんいらっしゃいますよね。

これには当然人件費が掛かる訳で、その負担は私達の
振込み手数料や引き出し手数料などに影響してます。

それだけじゃなく、もちろん店舗ですから土地も必要だし
電気に水道、機材に用紙代まで運営費が掛かってきますよね。

ネット専業のネットバンクには店舗がありません。
当然人件費も店舗の運営費も掛からないですから、
その分を手数料の値引きや金利で還元しています。

じゃあどのくらい還元してくれるの?って話ですけど、
ハッキリ言って店舗型の定期預金の感覚だと思って
良いと思います。

今はほとんどの方が金利以上に手数料を銀行に払っている
状態だと思います。

私達のお金を集めて貸し出したり、投資する事で利益を
挙げているのに、預けている私達には金利を出すより
更に手数料を取る訳ですから、そりゃ儲かります。

最近はこの手数料や金利にも慣れてしまっているので
感覚的には仕方ないかなって思ってしまいますが
冷静に考えると不自然ですよね。

なんたって自分のお金を引き出すのにお金を取るんですから。

どうせ預けるなら金利も高い方が良いし、手数料もないに
越した事はないですよね。


通常店舗の銀行金利が低いもう一つの訳

ネット専業バンクが出来たのはバブル崩壊の後。
つまり公的資金の介入や不良債権などを抱えていないって事が
金利にも影響しています。

当然通常の大手銀行は金利よりも公的資金の返還や不良債権の
処理を優先しますし、運営費ももちろんですけど、こういったバブルの
遺産が金利に歯止めを掛けているのは事実だと思います。

安心して使えるネットバンクの人気ランキングBEST3
1位:新生銀行
2位:住信SBIネット銀行

【金利が有利?円仕組み預金】
 定期預金と円仕組み預金って何が違う?
【ビジネスマンの生活口座ならこの銀行で決まり!】
 ATM手数料が実質無料の銀行
【住宅ローンに注目!】
 09年の住宅ローン減税の改正とは?
 新生銀行の住宅ローンは大手銀行より有利?
 
Copyright © 2007 正しいネットバンク活用術・オススメのネット銀行を比較. All rights reserved