こんなとき不便に感じるんだよね

預金口座

ネット銀行だと入金や振込み手続きが簡単で、
更に手数料的なメリットや顧客へのサービスにもなります。

確かに良い所は多いのですが、
いくつか不便な点もあったりします。

まず多額のお金を扱う場合ですけど、
小切手を使える当座預金口座がないって事や
預金保護の対象枠が無制限の決済口座が必要でも
そういった口座がないんです。

唯一、ジャパンネット銀行には決済用口座がありますが、
その他のネットバンクには決済用口座がありません。

他にも現金を毎日扱うお仕事で入出金を頻繁にされる場合や
小銭の入金業務がある場合などです。
コンビニでは小銭を入金できませんからね。


基本的にネット銀行はネット上のお金のやり取りがメインなので、
頻繁な入出金にはあまり向いていないんですよね。

また通帳もないので、入出金の明細を送付も可能ですが
その場合は手数料が必要だったりします。


なので、日常の現金を扱う銀行とネット上での送金や決済を
分けて口座を持つ必要性が出てきたりするので、
デメリットも把握して使い分けしていけば良いと思います。

私の場合は窓口は入金専用で、月に一回資金をネット銀行に送金して
振込みなどの送金作業はネットバンクを利用しています。

業務によってそれぞれですが、上手く利用すればデメリットよりも
メリットの方が多いと思いますよ。

ネットバンクの法人口座の人気ランキングBEST3
1位:ジャパンネット銀行
2位:住信SBIネット銀行
3位:楽天銀行
 
Copyright © 2007 正しいネットバンク活用術・オススメのネット銀行を比較. All rights reserved