サービスごとにビジネス口座を比較する

預金口座

屋号や法人名義で口座開設可能なネットバンク3社を
手数料やサービスなどから分かりやすくまとめます。

細かなプランやサービスは個別ページでも簡単に紹介してますが、
幅広いサービスがあるので、詳しい内容は各ネットバンクのHPで
確認するようにして下さいね。

法人口座 振込サービス

『法人口座 振込み手数料』
銀行名 同行宛て
3万円未満
同行宛て
3万円以上
他行宛て
3万円未満
他行宛て
3万円以上
住信SBIネット銀行 50円 50円 160 円 250 円
楽天銀行
個人ビジネス口座
50円 50円 160円 250円
楽天銀行
法人口座
50円 50円 160円 250円
ジャパンネット銀行 52円 52円 168円 262円

振込手数料に関しては、個人口座と違い同行間での振込みでも
手数料が掛かる様になっています。

それでも他行宛ての手数料を都市銀行と比較すると
かなり有利な手数料なのでメリットがあります。

『法人口座 総合振込サービス』
銀行名 サービス 振込予約 登録件数 利用料
住信SBIネット銀行 あり 可能 2万件 3150 円/月
楽天銀行
個人ビジネス口座
あり 可能 3000件 初期費用
楽天銀行
法人口座
あり 可能 3000件 初期費用
ジャパンネット銀行 なし - - -
『法人口座 通常振込サービス』
銀行名 自動振込 振込予約 振込件数 上限金額
住信SBIネット銀行 あり 可能 10件/1回 1000万円/日
楽天銀行
個人ビジネス口座
あり 可能 30件/1回 3000万円/1件
楽天銀行
法人口座
あり 可能 30件/1回 3000万円/1件
ジャパンネット銀行 なし 可能 999件 1億円/日


総合振込サービスは有料の大量一括振込みサービスですが、
ジャパンネット銀行ではサービスを行っていません。

振込サービスでは、楽天銀行が有料の振込サービスなどの
オプションが他にも豊富に揃っていますが、コストも掛かります。

無料の振込機能としては、毎月の定額振込みを自動で行ってくれる
自動振込みがない代わりに、登録件数が多くて振込先を
20のグループに分けられるジャパンネット銀行が優秀です^^

また、ほとんどの振込上限額は自分で設定金額を引き上げないと
上記の金額までの利用が出来ないので注意です。

法人口座 ATMサービス

『法人口座 対応ATM』
銀行名 郵貯 セブン
銀行
E-net ローソン @B∧NK 都市
銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
個人ビジネス口座
楽天銀行
法人口座
ジャパンネット銀行

楽天銀行は対応するATMが少なく、ゆうちょが中心になるので
利便性の点では入出金に向いてないかも知れません。

対してジャパンネット銀行ですが、対応ATMも多くて
都市銀行では三井住友銀行ATMが提携ATMとして利用できます。

『法人口座 ATM入出金手数料』
銀行名 カード発行 出金 入金 深夜利用
住信SBIネット銀行 0円 105 円 105 円 可能
楽天銀行
個人ビジネス口座
1050円 210円
262円
210円 不可
楽天銀行
法人口座
1050円 210円
262円
210円 不可
ジャパンネット銀行 0円 157円
262円
157円
262円
可能

入出金の手数料はジャパンネット銀行が157円、262円と
なっていますが、入金は5万円以上なら一律0円、
ゆうちょ以外の場合は通常は262円で夜間367円になっています。

ジャパンネット銀行のゆうちょ以外の入金で5万円以下なら157円。
さらに月間1回の無料入金回数も付いています。

ジャパンネット銀行の出金に関しても、ゆうちょ以外の場合に
通常は157円の手数料ですが、口座の利用状況で無料回数が
設定されているので、こちらもお得です。

振込手数料やATMの利便性などを考えると、条件的には
圧倒的にジャパンネット銀行がお得です^^

でも、振込み先に楽天銀行が圧倒的に多い場合や
メルマネなどの楽天銀行独自のサービスが利用したい場合など
利用する状況にもよるので、しっかり内容を確認して下さいね。


ネットバンクの法人口座の人気ランキングBEST3
1位:ジャパンネット銀行
2位:住信SBIネット銀行
3位:楽天銀行
 
Copyright © 2007 正しいネットバンク活用術・オススメのネット銀行を比較. All rights reserved