SSLについてやさしく解説

SSL

インターネットでショッピングをしている方ならご存知の方も
多いでしょうが、決算のときに支払いを済ますページの下に
「SSLで守られています」というのがよく出てきます。

インターネットでショッピングや住所や名前といった個人情報を
書き込むページを暗号化することで、不正から守るための
システムですね。

ネットスケープという会社が開発したモノであり、
正式名をSecure Socket Layer、略してSSLと呼ばれています。
この技術により「なりすまし詐欺」を防ぐことが出来ます。

では、どうやって守るのかという仕組みについて説明します。

SSLはインターネット上でデータを暗号化して送受信します。
通常、インターネットでは暗号化されずにデータが送受信
されているので、通信途中のデータを見られると、第三者に
情報を見られる可能性があるんですよね^^;

すると、クレジットカードやネットバンクの暗証番号など、
傍受した情報を元に、自分の代わりに買い物をされたりする
なりすまし犯罪に使われることになります。

そういった犯罪からこのSSLというシステムが守ってくれて
いるということですね^^

インターネットエクスプローラー(IE)などでは、
SSLで保護されているサイトに行くと、自動的に暗号化されるので
安心です。

画面下のステータス欄にカギのマークが出たり、
「このページはSSLで守られています。」と書いている
企業サイトも多いです。

安心して使えるネットバンクの人気ランキングBEST3
1位:新生銀行
2位:住信SBIネット銀行

【金利が有利?円仕組み預金】
 定期預金と円仕組み預金って何が違う?
【ビジネスマンの生活口座ならこの銀行で決まり!】
 ATM手数料が実質無料の銀行
【住宅ローンに注目!】
 09年の住宅ローン減税の改正とは?
 新生銀行の住宅ローンは大手銀行より有利? 新生銀行の住宅ローンは大手銀行より有利?
 
Copyright © 2007 正しいネットバンク活用術・オススメのネット銀行を比較. All rights reserved